2012年11月号【一色亜莉沙 + OLYMPUS PEN Lite E-PL5】3週目

このエントリーをはてなブックマークに追加


順序が逆になってしまったが、同社のマイクロフォーサーズを採用したカメラは、PENシリーズとして「E-PM1」、「E-PM2」、「E-PL3」、「E-PL5」、「E-P3」、そしてOM-D「E-M5」と、6機種のラインナップ。E-PMのMは”mini”、E-PLのLは”Lite”、E-PのPは”PEN”を表している。

それぞれエントリーモデル、ミドルレンジモデル、上位モデル、最上位モデルと、後ろになるほど上位機種となるものの、今回のE-PL5は、「16M Live MOSセンサー」と「TruePic VI」を搭載。画質的にはOM-Dと同等となる。ミドルクラスと最上位が同画質と言うのはなかなか興味深い。今後、特にミラーレスは各社激戦になることが予想され、上位モデルから下位モデルへのフィードバックが期待できる。

スマートフォンからの流れで搭載しているのではと思われる機能として、「タッチAFシャッター」と「自分撮り」があげられる。タッチAFシャッターは今更説明するまでもなく、おそらくこれに最も対応しているのは、スマートフォン内蔵のカメラだろう。機種によって反応が速かったり遅かったりするケースもあるが、とにかくピントを合わせたい場所にタッチすればシャッターが切れ写真が撮れる。

E-PL5の場合も操作的には同じだが、「FAST AF」システムがあるおかげで、瞬時にAFが合いシャッターが切れる。反応の良さはスマートフォンとは比較にならないほど爆速だ。この時、片手持ちになるため手ぶれが心配だが、ボディ内手ぶれ補正機能でそこそこラフに扱っても手ぶれしない。


液晶モニターがチルト可動式なのはE-PL3と同じだ。しかしE-PL5固有の特徴として、液晶モニターが170度傾き自分撮りが可能になった。「カスタムセルフ機能」や「eポートレートモード」などと併用すると、更に自分撮りの幅が広がる。この際、eポートレートモードとアートフィルターを併用したプリクラ的なフィルターを追加してもいいのではないだろうか。

「カスタムセルフ機能」は、撮影開始時間:1~30秒、撮影間隔:0.5/1/3秒、撮影枚数:2~10枚を設定できるセルフタイマーだ。先の自分撮り機能と合わせて使うなど、いろいろなシーンで活用できる。

面白い機能(?)として、「着脱式交換グリップ」があげられる。「標準グリップ」/「グリップ無し」に加え、別売の「プレミアムカメラグリップ」があり、ドット柄/千鳥格子柄/ストライプ柄/カーボンファイバー柄/べっ甲柄/大理石柄など、ちょっとアートっぽいグリップを用意している。「プレミアムレンズキャップ」と合わせてデザインをコーディネートすることが可能だ。このクラスのカメラは、ストラップを付け普段から持ち歩きファッションの一部として扱うユーザーも多くこう言った対応も重要だろう。

亜莉沙ちゃん、11月17日(土)のファーストDVD発売記念イベントも無事終了。その後もTwitterなどで忙しそうな様子が伺える。興味がある方は是非ブログや呟きをチェックして欲しい。(つづく)


一色亜莉沙
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm f3.5-6.3 EZ

music TAM Music Factory
カテゴリー: DSLR   タグ:   この投稿のパーマリンク

関連アイテム