2013年9月号【西城凛 + Canon EOS Kiss X7i】2週目



衣装1点で炎天下少し歩き回って軽く目眩気味だったので、衣装2点目は場所を固定しほとんど動かず、アングルや画角だけ変えカット数を稼いだ。撮っている時は「足りるかな!?」と思っていたが、後日チェックすると何とか計10枚は確保できそうなので一安心。当初、軽い熱中症かと思っていたが、(暑さもあるものの)単に空腹だったらしく、昼食後、水着1・2は元気になった(笑)

まずEOS Kiss X7iの第一印象は「小さくない」と言うこと。もちろん一般的な一眼レフと比較すれば十分小さいのだが、EOS Kiss X7が小さ過ぎただけに余計そう思ってしまう。ただ小さくないのは駄目ではなく、逆にホールドなどは余裕がある分し易くなる。

光学ファインダーは、EOS Kiss X7同様、AFセンサーの光る部分が小さく分かり辛い。特に今回外での撮影は周囲が明るいだけに、あの小さい点が赤く光っても「ん?」と言う感じだ。AFの速度や精度に関しては文句無し。エントリークラスのカメラとは思えないほどの完成度を誇る。流石にこの辺りは長年の技術の積み重ねが生かされているのだろう。

EOS Kiss X7i固有のバリアングル液晶モニターならではの一枚は、私服の横位置。これを光学ファインダーやEVFで撮影するのは、ノーファインダーで撮らない限り無理。超ハイアングルでも同じだが、この手の写真の場合、超ローアングルの方が用途は多そうだ。


液晶モニター自体の表示は、クリアビュー液晶II(汚れ防止コート/保護カバー/光学弾性体/タッチパネル電極/光学弾性体/液晶パネルのコーティング構成)となっていることもあり、反射が抑えられ、あの強い日差しの中でもそれなりに確認できた。正確にチェックするには、レフ板の陰で見るなど工夫は必要だが、パッと見で軽くチェックするだけなら何とか見える範囲だ。

一週目、二週目の動画は、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」一本と三脚を使って撮っている。露出は固定、フォーカスはライブ1点AFに設定。引きの絵はワイド端、寄りの絵は35mm前後だろうか。実に安定して撮影できているのが分かる。最も安価なこの組合わせでこれだけ撮れれば文句無し。

但しカメラが動くグラビア固有の撮り方に関しては、EOS Kiss X7の方が若干良かった様に思える。これでバリアングルであればGoodなのだが、バリアングルはEOS Kiss X7iのみ。何とももどかしい部分だ。

私服2点目の衣装は背中がSexy。どうしてもバックショット系の写真が多くなる。掲載している写真はバランスを見て選んでいるので分からないが、実際撮った写真は半分以上がバックショットだったりする。普段仕事でもバックショットが多いと言われているのに、この癖だけは直りそうもない(笑)昔着エロを撮り過ぎた弊害かも……。(つづく)


actress 西城凛
Canon EOS Kiss X7i
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
EF35mm F2 IS USM

music TAM Music Factory
カテゴリー: DSLR   タグ:   この投稿のパーマリンク

関連アイテム