2013年6月号【上條かすみ + Canon EOS Kiss X7】1週目



今日から2013年6月号スタート!「Canon EOS Kiss X7」と「上條かすみ」ちゃんの登場だ。撮影日は丁度関東が梅雨入りした日らしく、今にも雨が降りそうだったが、何とか持ちこたえた半日だった。この関係で5月号の様に明るく色鮮やかな写真にはならなかったものの、6月と言う季節柄、これはこれで悪くない。

Canon EOS Kiss X7の主な仕様は、有効画素数約1,800万画素のAPS-CサイズCMOSセンサー搭載、最大記録画素数5,184×3,456ピクセル、ISO100~12800(および「H」/ISO25600相当の感度拡張)、バッテリーはバッテリーパックLP-E12、メディアは、SD/SDHC/SDXCメモリーカード、タッチ対応約104万ドットの3.0型液晶モニターなど……。4月24日に発売されたばかりのEOS Kissの新型となる。

最大の特徴は、約116.8(幅)×90.7(高さ)×69.4(奥行)mm/約370g(本体のみ)の「APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラにおいて、2013年3月1日現在(キヤノン調べ)、世界最小/最軽量の一眼レフ」と言うこと。以前OLYMPUS OM-DがiPhone 4Sの幅と同じと書いたが、このEOS Kiss X7は、フットプリントがほぼ同じ。綺麗にiPhone 4Sの上に収まってしまう。驚くべきサイズだ。

動画機能は、MPEG-4 AVC/H.264、1920×1080:30p/25p/24p、1280×720:60p/50p、640×480:30p/25p。今回は全て1280×720:60pで撮影、iMovieで編集、HD解像度で保存、YouTubeへアップロードしている。


レンズは、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と「EF35mm F2 IS USM」の二本。屋外はズームレンズ、屋内は単焦点レンズ、動画はズームレンズのワイド端を使って撮影している。全てIS(手ぶれ補正)はON。

写真は、RAW+JPEGで撮影し、RAWデータを「Digital Photo Professional」で現像、掲載サイズに合わせて長辺を1,000px(PREMIUM版は2,600px)にリサイズしている。現像時、主に調整したパラメータは、RAW:明るさ調整/ホワイトバランス調整/色あい、RGB:トーンカーブ調整など。ピクチャースタイルは全てスタンダード固定。

カメラの設定は、ISO感度/絞り/シャッタースピード/AFモード以外は特に触っていない。上ブロックはISO100。下ブロックはISO400か800となる。撮影中若干気になったのは、AF自体の作動は速く快適なのだが、9点AFセンサーの光る部分が小さく分かり辛いこと。また視野率が上下左右共95%なので、思っていた以上に周囲が写っていたことだろうか。ただこれはある意味些細なことなので、先に書いた様に、このコンパクトさは何よりも魅力的だ。

上條かすみちゃんは今回初撮影。ただあまりそんな気がしなかったのは、モーターショーやオートサロンにも出ていたらしく、きっとその時に何回か撮っていたのだろう。2013年SUPER GT/SUBARU BRZ GT GALS 「BREEZE」の一人なのでサーキットでは、また違った彼女が見れそうだ。(つづく)


actress 上條かすみ
Canon EOS Kiss X7
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
EF35mm F2 IS USM

music TAM Music Factory
カテゴリー: DSLR   タグ:   この投稿のパーマリンク

関連アイテム