2013年4月号【間宮夕貴 + Nikon 1 J3】1週目



2013年4月号スタート!「Nikon 1 J3」と「間宮夕貴」ちゃんの登場だ。撮影日は4月2日(火)。晴れれば目黒川の桜をバックにと思っていたものの、残念ながら朝からガード下でも撮影困難な状況の雨天となってしまった。

Nikon 1 J3の主な仕様は、有効画素数約1425万画素のニコンCXフォーマット(13.2×8.8mm)CMOSセンサー搭載、最大記録画素数4,608×3,072ピクセル、ISO160 ~ 6400、バッテリーはLi-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL20、メディアは、SD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応、約92万ドットの3型液晶モニターなど……。去年10月に「1 J1」を扱っているが、同社1Jシリーズの最新モデルとなる。サイズ約101.0×60.5×28.8 mm、重量約244g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)と、非常にコンパクトなミラーレスだ。

動画機能は、H.264/MPEG-4 AVC、1920×1080ピクセル(60i)、1920×1080ピクセル(30p)、1280×720ピクセル(60p)、1280×720ピクセル(30p)、加えてスローモーション動画にも対応。今回は全て1280×720ピクセル(30p)で撮影、iMovieで編集、HD解像度で保存、YouTubeへアップロードしている。

レンズは「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」一本。実撮影画角は35mm判換算で焦点距離の約2.7倍になるのでこの手の撮影には丁度いいズームレンズだ。


写真は、RAW+JPEGで撮影し、RAWデータを「ViewNX 2」で現像、掲載サイズに合わせて長辺を1,000px(PREMIUM版は2,600px)にリサイズしている。現像時、主に調整したパラメータは、露出補正/ホワイトバランス/コントラスト/カラーブースター(人物)/軸上色収差補正(自動ON)。いずれにしても極端な補正は行っていない。

カメラの設定はほぼ工場出荷状態のまま。ISO感度/絞り/シャッタースピード/AFモード以外は特に触っていない。上ブロックはISO800。下ブロックはISO1600となる。上ブロックのISO800は、普段よりかなり早いシャッタースピードもあり、ISO400でも撮影可能なシーンもあるものの、雨がボディに当たりそれどこれではなかったのでISO感度を変更せず続行した結果だ。

Nikon 1 J1とJ3の主な違いは、Nikon 1 V2の性能がそのままJ3に移った感じで、画素数や速度などがV2相当に。加えて若干小さく、軽くなっている。AFも速く、撮影中不満な部分は全く無く、コンパクトでも十分の性能と言えよう。

間宮夕貴ちゃんは今回初対面。私服1点目は雨でしかも寒い中、頑張ってくれた。写真ではご覧の様に色っぽいが、素は結構元気系。オンとオフのギャップを楽しみながら撮影は進行した。(つづく)


actress 間宮夕貴
Nikon 1 J3
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

music TAM Music Factory
カテゴリー: compact   タグ:   この投稿のパーマリンク

関連アイテム